ストレスチェックを行うことがストレス?

会社でストレスチェックというのがあるとこにはあると思います。今、労働環境や労働法にとてもデリケートになっているので実施している企業も多いのかもしれません。

ストレスチェック制度、「依然として疑問」 日医が「提言」を公表

ストレスチェックを否定的に見ている人もいるんですね。こういう人たちはそもそもストレスチェックを受けることがストレスとなっているかもしれませんね(笑)

そもそも、ストレスを自分で把握できない人・発散できない人はある意味自己管理があまり上手ではないということになります。自分と向き合っている時間が少ないのかもしれません。それか向き合いたくないのかもしれません。向き合いたくない人というのはどこかネガティブな要素を持っている可能性が高いです。なので、ストレスチェックをやると現実を突きつけられた感じがして逆効果です。

ネガティブな人はマイナスの方向に考える習慣がついているので、楽しいプラスの方向に考える習慣に変えていくことが重要になります。これだけで、ストレスを感じづらくなるし、発散させる方法も自分で身につけられるようになります。これもヘルスケアの一環です。適度なストレスは良い緊張感を与えますが、過度なストレスは身体を蝕みます。これは医学的にも証明されていることです。なので、自分でストレスと向き合えるコツを磨いていきましょう。そして人に『ストレス溜まってんじゃない?』と言われた時に『そうかもしれないね〜(笑)』と笑い飛ばせるくらいの強さを持てれば、良い感じだと思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です