活性酸素が増える原因と対策

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です。

では、活性酸素が増えてしまう原因は何か?

1 過剰な運動

これは酸素をたくさん吸ってしまうからですね。いっぱい吸えばそのぶん活性酸素になる酸素の量も増えるのは想像しやすいかもしれません。

2 身体に害となるものを摂取

活性酸素の元々の役割は、外敵をやっつけることでしたね。なので、身体にとって害になるものを多く取り入れると、身体は守るために活性酸素を多く作り出します。身体に害となるものの例は、食品添加物、タバコ、酒、大気汚染物質、紫外線、電磁波などです。これらには元々活性酸素となるものが含まれているか、分解の過程で活性酸素を発生させます。

3 ストレス

これが実は一番大きな要因ではないかと思います。ストレスがたまると血流が悪くなる作用が働きます。活性酸素は周りの酸素も活性酸素へと変化させるほどの攻撃力なので、血流が悪くなると周りへどんどん影響を及ぼして、活性酸素だらけになっちゃいます。ストレスは他にも様々な悪い作用をもたらすので、なるべくため込まないようにしましょう!

大きく分けてこれらが活性酸素を増やしてしまう原因です。減らすためにはどうすればいいか?

まず、外敵となる食品添加物、タバコ、酒を減らすことです。大気汚染された場所など、外敵を作る要因のところへなるべく行かないなども対策ですね(^_^)

それから、抗酸化作用を促す栄養素を摂ることです。具体的に言えばビタミンA.C.Eやカロテノイド・ポリフェノール・補酵素類・クエン酸・重曹です。身体が錆びるということは、体内が酸性に傾いてるってことです。これらの栄養素は、体が錆びないように酸性に傾いた体内を中和してくれます。人間の体内には抗酸化作用を促す物質を分泌する機能があります。スゴいですね!

しかし、あまりにも活性酸素が多くなると、身体が「あ~もう無理だわ\(>_<)/」となります。そうすると、活性酸素が体内に貯まっていき、身体を酸化させます。そうならないために、これらの栄養素を摂って身体を応援してあげましょう!

次では、抗酸化作用がある食べ物を紹介していきますね♪毎日の食事に少しずつ取り入れれば良いと思います!

次ページ 抗酸化物質・抗酸化酵素が取れる食べ物

Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です