活性酸素とは?

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です。

活性酸素というものを聞いたことがあるでしょうか?人は酸素を吸って生きてますよね?その吸った酸素のおよそ2%ほどが活性酸素になるそうです。

活性酸素の説明の前に酸化について書きます。

みなさん酸化って聞いたことがありますよね?酸化とは簡単に言うと、物が腐る・錆びるって意味です。

もうちょい踏み込むと、物に含まれる電子を奪っていく現象のことです。

活性酸素とは酸素原子についてる電子がペアになれなくなったとき発生します。いつもならペアになるはずの電子。何らかの原因でペアになれないと、不安になってどうにか電子を探します。この時に酸素が活性酸素となり、電子を他のところから奪います。そうです!活性酸素は体内の細胞を酸化させてしまいます。つまり老化です。だから悪いと言われるんです。僕の推測ですが、何らかの害をなす物質を多く取り入れると、ペアになる電子を、害となる物質に取られてしまい、電子の数が合わなくなってしまうのかなと思います。

 

引用元日本抗酸化

活性酸素は本来、菌やウイルスなど、身体にとって害となるものをやっつける役割を持ちます。全くいらないものではないのです!身体が一定数必要とするので、自ら作ろうとします。

なんですが、この活性酸素。とてもやんちゃなので、僕たちに必要な細胞膜やDNAまで酸化させてしまいます(T_T)

活性酸素が必要以上に増えるとどうなるか?細胞を酸化させます。これにより、細胞についてる不飽和脂肪酸というのが過酸化脂質になって、血管にへばりつきます。そうすると、血流の悪化、最悪血液が回らなくなってしまうことになります。

細胞膜が破壊されるので、各臓器器官の機能も弱まります。臓器も細胞の一部です。当然、参加すれば機能も充分ではなくなります。

DNAを損傷させます。これにより、突然変異が起きてしまい、ガン細胞を生み出します。

これらにより、様々な病を引き起こします。ガン・糖尿病・脳梗塞などです。現代ではとても多いものですが、これらの原因の大多数が活性酸素によるものみたいです。

次は、活性酸素を増やす原因と対策について書いていきます。

次ページ 活性酸素が増える原因と対策

Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です