クエン酸とは?

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です。

皆さんも聞いたことはありますよね?一般的にクエン酸は疲労回復のイメージですよね。それとも、酸っぱいものをイメージしましたか?

クエン酸の効力は多岐に渡ります。それを書いていきますね(^ ^)

・疲労回復

皆さんもご存知だと思います。クエン酸を取ると、疲れが取れるとよく言われますよね。実際そうです。エネルギーを作るのにクエン酸は重要な役割を果たします。それと疲労の元、乳酸を分解してくれる効果もあります。

・抗酸化作用

クエン酸って『酸』という名前がついているんですが、実は体内でアルカリ性になるんです。酸性・アルカリ性ってありますよね?血液が酸性に傾いていた場合、酸化します。それを中和して抑える効果がクエン酸にはあります。抗酸化作用の大切さは『活性酸素』でも書きました。クエン酸にも抗酸化作用があるんです。すごいですね〜♪( ´▽`)

 

・キレート作用

これはビタミンやミネラルの吸収を促進することです。栄養を効果的に吸収してくれる、つまりブーストしてくれるんですね。ビタミンをブーストしてくれるんで、タンパク質などの合成を促進します。ミネラルのブーストは巡り巡って抗酸化作用を促進します。活性酸素のページでも書いてますが、ミネラルには抗酸化酵素を作る役割があります。

大まかにこういった作用があります。そして、実は体内にはクエン酸回路(TCA回路)が存在しています。『えっ?そんなのあるの?』ってなった方はお次のページをみてください( ◠‿◠ )

次ページ クエン酸回路(TCA回路)

Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です