健康がデータになる時代

健康への関心が高まっていることが伺えるニュースを紹介します( ◠‿◠ )

自宅で健康管理できる分譲マンション増加 IT機器を活用、病院と連携

スゴいですね!自宅が健康管理をしやすくなれる機能が付いていると、健康への活動も取りくみやすくなります。消費カロリーや睡眠のデータが自宅で所得できるのは大きいですよね。

データによって数値が出されると、それを良い数値までしようと頑張りやすくなると思います。ゲーム的な感覚になれるんですよね〜

また、データが出てるので、自分の中の指標のようなものが分かりやすくなって、自分にとってベストな数値や生活が分かるようになってきます。数値と生活を照らし合わせて、『こういう日は調子良かったな〜』とか自分の研究ができますね( ◠‿◠ )

もちろん、懸念材料もあると思います。自分自身のデータが流失する可能性が出てくるので、そこはしっかりして欲しいですね。あとは、どの程度をデータに任せ、どの程度自分の感覚でやるかのバランスですね。このバランスを取っていくことが、これからのテクノロジーとの共存において大切な感覚になってくのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です