老廃物が起こす悪影響

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です

みなさん老廃物って単語は聞いたことがあると思います。この老廃物って様々な悪影響を及ぼすんですよ(´Д` )

まず最初に老廃物とは、身体の中の不要なものです。細胞が代謝して生まれ変わる時、運動をした時などに生まれるカスみたいなものです。様々な栄養素や食品添加物がこの過程でカスとなって老廃物となります。これが体内に蓄積されてしまうと様々な悪影響を及ぼします。

僕も老廃物に苦しめられた1人です。老廃物と聞くと、美容やエステをイメージするかもしれませんが、運動をやっている方や、身体の痛みなどは結構これが原因だったりします。

では実際に老廃物が体内に溜まるとどうなるか?

・肩こり

肩がこる原因は、主に長時間のパソコン業務が主な理由だと思います。これってずっと筋肉が緊張している状態なんですよね。筋肉が緊張しっぱなしだと、血管を圧迫してしまうので、筋肉に蓄積した老廃物が出て行きづらくなるんです。こうして少しずつ老廃物が溜まっていきます。つまり悪循環になるんですね。

老廃物が溜まる→血管が狭くなって流れる血液量が減ってしまう→老廃物が排出されづらくなる→余計に溜まりやすくなる。

この一連の悪循環にハマってしまうんですね(´Д` )

肩こりもそうなんですが、筋肉に流れる血流が少なくなると、筋肉は固くなっていきます。腕に力を入れて力こぶを作るのをイメージしてください。人によって差はあれど、固くなりますよね?あれは、筋肉を収縮させて血液を圧迫しています。それで固くなっています。

なので、他の筋肉も老廃物が溜まると、固くなっていきます。慢性的に固くなるとどうなるか?筋肉が損傷しやすくなります。古くなった輪ゴムって引っ張るとすぐに切れますよね?あれと似たようなことが筋肉でも起こります。要するに怪我をしやすくなってしまうんです(◞‸◟)弾力が無くなってしまうんですね。だから切れやすくなるし、動きが制限されます。

・代謝が悪くなる

血流が悪くなると、代謝も悪くなります。そうすると汗もかきづらくなります。そして汗が出にくいということは体内に水分が溜まりやすくなるので、むくみやすくなります。むくむと、身体の見た目もカッコ悪くなりますので、できれば避けたいですよね(^_^;)

・便秘

腸内に老廃物が溜まると、善玉菌を殺して悪玉菌が多くなります。こうなると、便が出にくくなります。つまり便秘になります。便秘って軽く見られがちですが、腸内環境が悪くなるので免疫力の低下・セロトニンの低下など、結構影響がでかいんです。腸内環境が悪くなる原因は食べ物などが原因なので、これはまた別の記事で書いていきますね( ◠‿◠ )

 

このように老廃物は様々な悪影響を及ぼします。なので、できるだけ老廃物は体内に溜めないようにしていきましょう!

僕はボクシングをやっているのですが、恐らく老廃物が原因で、筋肉が固くなってしまい怪我をしました。また、神経痛みたいなものも味わいました。次の記事では実体験から学んだことを書いていきます。

次ページ 「座るとお尻が痛い」それは梨状筋症候群かも

Add friend

「老廃物が起こす悪影響」への6件のフィードバック

    1. コメントありがとうございます(^ ^)
      足つぼについて、詳しく知らなかったので調べてみました。老廃物を出すのに効果的みたいですね!
      足つぼが身体の各臓器・部位の神経と繋がっているそうですね。押した部位の血行を良くする効果があるそうです✌︎(‘ω’✌︎ )

  1. ストレッチをした後など血流が良いときにすると良いそうです足つぼで蓄膿症や母親の胸の腫れ物も治りました

    1. 蓄膿症も治るんですね(・Д・)僕も過去に蓄膿症になったことがあります。あれはキツいですよね〜
      葉隠さんが足つぼについてコメントしてくれたので、足つぼについて少々分かったのと、僕の中でまた新たな理論ができました!ありがとうございます( ◠‿◠ )

      1. 蓄膿症は鼻うがいでも予防できるのでお勧めです、あと成長ホルモンのツボを押すと痩せたりするそうです

        1. 有益な情報ありがとうございます(^-^)成長ホルモンの分泌についても後々書いていきますので楽しみにしていてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です