健康促進はゲーム感覚で

健康でありたいというのは皆誰しも思っています。でも普段、身体が正常に動いているときってこの意識が薄れてしまうんです。正常に動いているのが当たり前だからです。普段からこの意識があるだけで、病気や身体の痛みはかなり軽減できます。

・健康のバロメーターをゲーム感覚にしてみよう!

こうすることで、ゲーム世代の方は楽しみながらできると思います(^-^)健康度のステータスがあると仮定して、運動によって筋肉量、カロリー消費、ミトコンドリアの活性化、脳内物質の分泌などがプラスになっている感じをイメージすると、モチベーションも上がりやすいかもしれません。

ドコモ・ヘルスケアの取り組みも、ある意味こういうのを意識しているかもしれません。

企業の健康経営を支援するドコモ・ヘルスケアが高島屋グループ職員のウォーキングイベントを支援

歩数が数字で分かると、『もうちょい歩こうかな(^-^)』と思ったりすると思います。

数字で形に残る・表示されると分かりやすくなるので、良いですよね!ゲームも様々なバロメーターが数値化されていますよね?だから、どこを伸ばせば良いのか分かりやすく、また能力値が上がっているのが数字で分かるので、目的もはっきりしますし、やりがいを感じやすくなります。

健康の促進において、この感覚は結構大事だと思います。楽しんでやれるか?苦にならないか?という面が継続させるために必要な気がするんですね。一時的なことであれば意外と頑張れちゃいますが、ずっと継続させるとなると難しいんですね〜

健康であるために大切なことは運動習慣や良い食生活や良好な生活リズムの継続です。突き詰めると全てここに至ります。でも現代社会は複雑化していますよね?だから様々な障害や誘惑があります。たまに崩すくらいなら良いですが、大抵それらのことに負けて続かなくなるんです。

なので、皆さんも自分育成ゲームをやっていると思って運動をしたり、食生活を正したりしてみるのはどうでしょうか?新しい技を覚えたり・能力を得るのを、僕らの日常で言えば『1500mを5分で走れるようになった』『あまり疲れなくなった』って感じですかね?そんな感じでゲームの色々な事象を僕らの日常に当てはめてみたら楽しいかもしれませんね(*^▽^*)1日では大した結果は得られませんが、1ヶ月・半年・1年と続けていくと、だんだんと結果が目に見えてくるようになりますよ( ◠‿◠ )

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です