ヘルスプロモーションとは?

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です。

ヘルスプロモーションという言葉をみなさん知っているでしょうか?

・ヘルスプロモーションってなんだ?

ヘルスプロモーションというのは1986年に世界保健機関によって考え出されたものです。

考え方は

『人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし改善できるようにするプロセス』

自分が健康であるための方法を知って、その知識を生かして自分自身をコントロールしていけるようになるって感じですね♪

こう、なんて言うんでしょう?自分から健康を掴み取りにいくような感じですかね?

この考えをまとめたオタワ憲章という文書にはこう書いてあります。

『健康というのは日々の暮らしの一つとして捉えられるものであり、生きるための目的ではない』

確かにそうですよね。『健康』になるために死んでしまったら元も子もないわけです。

ヘルスプロモーションというのは簡単に言うと、個人の健康の増進・維持といったところですね。

とは言っても、そうなるためには知識や環境が必要なわけです。

そこで、ヘルスプロモーションには3つの基本戦略と5つの優先的活動が掲げられてます。

○3つの基本戦略

唱道・能力付与・調停です。

唱道とは、人より先に主張することで、これは健康に関する知識などを先に先に与えていく活動ですね。

良いですね〜一次予防っぽくて(^ ^)こういう先回りしようとする心がけは大好きです!

能力付与は、実際に健康的な活動をしていく中で知識をどのように実現していくかってところを上手く伝承させていくって感じですね。

調停に関しては、おそらくその人の健康度合いと活動・物理的に健康活動がどの程度できるのかの擦り合わせのことだと思われます。

○5つの優先的活動

(1)人権と連帯に基づいた健康のための唱道

(2)健康の決定要因をコントロールするための持続可能な政策、行動、社会基盤への投資

(3)政策立案、リーダーシップ、知識の伝達、研究、ヘルスリテラシーのための能力形成

(4)有害事象からの保護と健康や幸福への機会の平等を確立する規制と法制定

(5)持続可能な活動をするための公的、私的機関、非政府組織、国際組織と市民社会の連携及び同盟の形成

このようになっています。

要するに、個人に健康増進・維持の能力を与えていくこと、それを推進・支援できる環境を整備して行こうよっていうのがヘルスプロモーションの戦略です!

・1つ目の柱 エンパワメント

こちらは、個人に健康増進の技術や能力を与えていくことの戦略です。

健康作りには、個人でできること・個人では難しいことがあると思います。

何でも、1人で生活習慣を改善していき健康を獲得できれば苦労はしませんが、中々そうもいかない現実があると思います。

それは仕事形態だったり、住んでるところだったり、職場の人間関係だったり…

色々と1人では簡単に逃れられないものですね。

これを環境要因と言います。

健康の知識を実践させやすくして、知恵に変換できるような環境を自分で作っていくこと。これもとても大切なことです。

いくら健康健康と言ったって、そこがものすごい公害の出ているところだったらどうでしょうか?

流石に、万全な健康状態を維持するのは難しいですよね(^_^;)

そう言う環境から逃れたり、より良い生活を送れるように社会や地域に働きかけることをことを自分で行えるようになったり、自分や集団が健康に関することを決めることができるようになることを健康のためのエンパワメントと言います。

健康の知識や技術などの能力を手に入れ、自発的・自主的・主体性を持って、健康活動ができる状態と言えば分かりやすいですかね?

因みに、このような環境を改善したり、より健康のための活動がやりやすくなる環境作りも目指しているのが、『0次予防』と言われる概念です。

1次予防よりもさらに前の段階みたいな感じですね。

環境的にそうせざるを得ないところにまで持っていったり、自然と健康活動を推進するような環境作りが0次予防です。

これは個人では難しいところがありますね(^_^;)

ヘルスプロモーション及びエンパワメントを通じて、ヘルスリテラシーを身につけられるようになりたいですね( ◠‿◠ )

ヘルスリテラシーとは、健康情報を探して、情報を理解して、評価し、精査して活用できる力です。これによって自分にとって一番良い選択をしていきたいですね!

・2つ目は健康活動を促進する環境作り

さきほども申し上げましたが、個人ではどうしても難しい場合もあると思うんです。

単純に勤務時間が長いというのは、多くの方に当てはまるかもしれません。

また、近くに運動するためのジムがないのもモチベーションを上げると言う意味では大きい要素かもしれません。

人によっては、周りに同じように健康活動をしてる人がいないと、続かない人もいるかもしれません。

そのような健康活動ができない、または続かない要因がある環境をできるだけ無くしていくこともヘルスプロモーションの一環です。

これは、公的機関・自治体・企業などの組織がメインで行っていくことかもしれません。こういう活動をする人が増えていけば、個人同士が集まって、健康への一大ムーブメントが広がり、健康活動を続けやすい・情報入手が容易になるかもしれません。

僕もそのような活動のお役に立てればと思い活動していきます。

健康であるという恩恵は計り知れません。

僕が発信する情報は、健康であると同時に肉体・精神のどちらもレベルが上がっていくようになると思います♪

そうして、QOL(Quality Of Life 生活の質)を高めていければ最高ではないでしょうか!

様々な情報をどんどん発信していきますので、どうぞよろしくお願いします!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です