多価不飽和脂肪酸とは何なのか!?分かりやすく説明!

みなさんこんにちは!時短でスリムボディを作る専門家吉田元気です!

今日は多価不飽和脂肪酸について書いていきます。なっがい名前でよく分からないですね。このページを見れば、多価不飽和脂肪酸について分かるようになりますよ♪

そもそも多価不飽和脂肪酸とは?

まず、そもそも多価不飽和脂肪酸ってなんなんだ!?ってところからですよね。

ではまず、学術的な説明で行きますね。多分つまらないですが、ちょっとだけ付き合ってください(笑)

『不飽和結合を2つ以上持つ不飽和脂肪酸のことである。高度不飽和脂肪酸・多飽和・ポリエン脂肪酸ともいう』

はい!なんのこっちゃ分からない!

書いている僕もこんな風に言われると、よく分かりません(笑)

では、次は皆さんが聞いたことはある単語で言いますね。

多価不飽和脂肪酸とはオメガ3・6・9、共役リノール酸のことを言います。

オメガ!これは聞いたこともある方が多いのではないでしょうか?

今、巷でもオメガオメガって結構言われていますよね?

テレビなんかでも『オメガ3がなんちゃらで〜』と言われてることが多いですね。

この脂肪酸…つまり油はとても大切なんです!

何でかって?

オメガ3・6は人間の体内で作ることが出来ないんですね。

だから、外から入れるしかないんです。

別名、必須脂肪酸とも言われています。

・オメガ3・6とは?

では、オメガ3・6とは何なのかを書いていきますね!

まず、オメガ6から。

オメガ6は必須脂肪酸です。外から取り入れる以外に取り入れる方法がありません。

そう。必須なんです。

なんですけど、このオメガ6

実は私たちはこのオメガ6に関しては、たくさん摂取しています。

何故かと言うと、僕らの食生活に並ぶ料理にはオメガ6が豊富に含まれている確率がとても高いんです。

みなさん、お米やパンなどの主食を食べますよね?お肉も食べますよね?

実のところ、お米や小麦・穀物にはオメガ6がとても多く含まれています。

そして、普通のお肉に関してもオメガ6がとても多く含まれています。

なので、基本的な生活をしていると、オメガ6をたくさん摂取してしまうことになります。

『必須なんだから、いっぱい取ればいいじゃん!』

こんな声が上がるかもしれません(笑)

でもね、何でもそうですが、摂りすぎはよくないんですよ〜(^_^;)

特にこのオメガ6は過剰摂取すると、炎症作用が働いてしまいます。

これは、オメガ6のアラキドン酸という脂肪酸が起炎性メディエーターのプロスタグランジンとロイコトリエンの生成をするからです。

だから、体内の至る所が腫れてしまうわけです。

手をどこかにぶつけたときに腫れますよね?

これは、急性炎症と言います。

そして、体内でできるような炎症を慢性炎症と言います

腫れが慢性的に体内にできるんです。

体中が腫れている状態です。体が悲鳴をあげていますね(^_^;)

この状態が慢性化すると、体の至る所がおかしくなっていきます。

なので、オメガ6の摂りすぎには気をつけましょう!

そして!それ抑える働きがあるのが、オメガ3です!

オメガ3には抗炎症作用があります。炎症を抑えてくれるんですね。

先ほどいった炎症作用のアラキドン酸の働きに抵抗してくれます。

オメガ3のEPA(エイコサペンタエン酸)・DHA(ドコサヘキサエン酸)が

抗炎症代謝物(レゾルビンやプロテクチン)を生成してくれるので、抗炎症作用が働いてくれるんですね。

抗炎症が働くってことは、体は元の機能を取り戻すってことになります。

なので、様々な機能が改善することになります。

心血管保護作用や脳の機能・目の疾患を抑えたり・改善など…

このように僕たちにとって、嬉しい効果が多いですね♪

でもね、僕たちはオメガ3の摂取量は少ないです。

少ないというより、オメガ6を多く摂りすぎているという方が正しいのかもしれません。

オメガ3とオメガ6には理想の摂取比率があります。

オメガ3が1に対し、オメガ6が4です。

1:4の比率が、一番良い化学反応を起こすと言われています。 

オメガ3とオメガ6の作用が丁度良い感じで働いてくれる比率なんでしょうね。

・オメガ3とオメガ6が多く含まれてる食材は?

そうはいっても、何を食べれば良いの?ってなりますよね。

それを書いていきます!

●オメガ6

炭水化物全般・一般的な肉・一般的な油(サラダ油・キャノーラ油など)・スナック菓子など

●オメガ3

魚系(特に青魚)・亜麻仁油・サーモン・くるみ・貝類

 

オメガ3の食品少なっ!と思うかもしれません。

幸い、日本は魚を多く食べる文化があるので、魚を食べましょう!

魚は青魚の鯖・アジ・イワシなどが特に良いですね。

テレビでも鯖缶が取り上げられていて、お店に鯖缶が無いこともあります(´⊙ω⊙`)

何を食べるかよりも何を抜いていくか。

このマインドのインストールが大切なのかもしれませんね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

↓↓↓よろしければ登録よろしくお願いします↓↓↓

Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です