オメガ9とは一体なんだ!?超分かりやすく説明

どうも!時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です。

オメガ3・オメガ6が必須脂肪酸だと、どこかで言ったような気がします(笑)

今日はそれに続いて、オメガ9について書いていきます!

ちなみにオメガって『最後』って意味だそうです。

最後なのにこんなにいっぱい種類あっていいの?って感じですよね(^_^;)

まあ、FF(ファイナルファンタジー)がファイナルと謳っていながらシリーズ15作品も出ているのと似ているのかもしれませんね(笑)

オメガ9とは?

オメガ9とは不飽和脂肪酸の一種です。

一般に炭素-炭素二重結合がω-9位(脂肪酸のメチル末端から9番目の結合の意味)にあるものを指します。

ってこんな学術的なことを聞きにきたわけではないですよね(^_^;)

僕らにとって関係が深いオメガ9は主に2種類です。

・オレイン酸

・エリカ酸

この2つがメインのオメガ9となります。

オレイン酸はオリープオイルと一価不飽和脂肪酸の主な構成要素です。

一価不飽和脂肪酸については二重結合が1つだけという意味です

この辺はあまり気にしないでも大丈夫です。

エルカ酸はナタネ油などの植物油に含まれています。キャノーラ油にも含まれていますね。

オメガ9はオメガ3やオメガ6とは違い、必須脂肪酸のカテゴリーには含まれません。

その理由はおそらく、人の体内で作ることが可能だからという意味だと思われます。

人や植物、微生物は体内で脂肪酸シンターゼによってアセチルCoAとマロニルCoAによって飽和脂肪酸が作られます。

アセチルCoAはATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーの元を作るための出発点になる物質です。

※マロニルCoAは僕も聞き馴染みないですね(^_^;)

そして、アセチルCoAが次々に合成されていきます。体内のタンパク質や糖質がアセチルCoAとなり、飽和脂肪酸となります。

この過程でステアリン酸という脂肪酸ができて、ステアリン酸に二重結合が出来上がり、体内でオメガ9が作られるって感じです。

基本的に自分の体内で作れるものに関しては必須という単語がつかない傾向にあると思います。

自分でまかなえるからどうにかなるっしょ!的な考えかと思います。

でも、このオメガ9も僕たち人間にとってとても大切な油となります。

なんせ、オリーブオイルに関しては、人が最も古くから愛用している油の1つですからね!

オリーブオイルは古代から使用されているらしく、実用度・研究が一番証明されている油です。

なので、古代から人の体に良いものだと分かっているものなんですね♪

●オリーブオイルの効果とは!?

ではオメガ9を含むオリーブオイルの効果とは一体何なんでしょう?

基本的にオメガ9は体内で作れるので、必須脂肪酸ではありません。

ですが、オメガ9には抗酸化作用があります。

オリーブオイルの元になっているオレイン酸は酸化しにくい成分です。それが体の中で働き、酸化させるものと戦ってくれるってイメージです。

さらに、オリーブオイルは植物から抽出されて作れらているので、ポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノール…これはみなさんも聞いたことがあると思います。

ポリフェノールには抗酸化作用があるんですね♪

また、悪玉コレステロールを減らす作用もあると言われています。

なので、血液もサラサラになりやすいです!

そして、もう1つ嬉しい作用があります♪

オレイン酸には腸の活動を刺激して、乳化作用もあります。

それによって、便が柔らかくなること・腸の活発化で便秘解消の1つの助けにもなりますね♪

このようにオリーブオイルには良い効果がたくさんあります!

『よし!じゃあ今すぐ買いに行こう!』

ってなるかもしれませんが、ちょっと待ってくださいね!(笑)

オリープオイルも多種多様です。た〜〜〜くさんある中でどれが良いのかというのを次に書いていきます♪

・どのオリーブオイルが良いのか!?

さて、オリーブオイルには多種多様なものがあります。

『なんでも良いから、とにかくオリーブオイルと書いてあるやつを買えばいいんだな!』

ってわけにも行かないんですよ(^_^;)

オリーブオイルにも本物と偽物があります。

安価なものには、オリーブオイルの他にもキャノーラ油が混ぜられています。

これによってオリーブオイルの比率が下がってしまいます。

しかもキャノーラ油の方が比率が多いそうで、これじゃオリーブオイルなのかキャノーラ油なのか分かりませんね(^_^;)

キャノーラ油は先ほども言いましたが、エルカ酸が含まれていて、エルカ酸は心臓障害を引き起こす可能性があるものです。

なので、偽物オリーブオイルばかり摂っちゃうと、知らぬうちにエルカ酸を摂っている状況になり、心臓病のリスクを高めるという高度なトラップが仕掛けれています(^_^;)

これに限らず、現代の食事や生活にはこのような高度なトラップがふんだんに仕込まれています。だから健康でない人が多いんです

この高度なトラップについても少しずつ紐解いていきたいと思っています。

楽しみにしていて下さい♪

話を戻しましょう!

それじゃ、本物はなんなの?ってなると思います。

オリーブオイルにはエクストラバージンオリーブオイルというものがあります。

これは純正なものですよという証明みたいなものです。

『オリーブの種から抽出した油のみで作りました!』って言ってるような感じです

みなさんも『エクストラバージン』という単語は何となく聞いたことがあると思います。

名前からして、凄そうですよね(笑)

『完全に純粋だよ!!!』と言わんばかりのネーミングですよね♪

今は、スーパーとかでも普通にエクストラバージンと書かれたオリーブオイルは結構ありますね。英語だと『EXTRA VIRGIN』です♪

綴り間違えてたらごめんね(^_^;)

そして、さらに見るべきところは製造法ですね!

『コールドプレス』

この単語を聞いたことがあるでしょうか?

これは、製造法の1つで、普通の油は加熱をしたり、化学物質を利用して製造されたりしていることがほとんどです。

このコールドプレスは、加熱や化学物質を使わずに、低温で種から油を抽出します。

油は熱を加えまくったりすると、脂肪酸が変異してしまい、せっかくの良質な成分が薄くなったり、あまり良くない成分へと変わってしまいます。

トランス脂肪酸は、この加熱の過程でも生まれます。

だから、油の使い回しとかは結構ヤバいのかもしれませんね(T . T)

コールドプレスは加熱をせずに自然の温度で抽出作業を行うので、脂肪が変異することがないんですね(*^▽^*)

日本語だと『低温圧搾法』と言われますね。

これって製造者サイドからすると恐らく面倒なことだと思います。

機械でやったりするのかもしれませんが、あまりにガシガシと種を圧縮すると摩擦熱が起きたりするので、丁重にやる必要があります。

機械を使わないなら、手作業ということになります。

昔からある伝統的な製造法と言われていますが、それゆえに手間がかかるってことですね。

結局はアナログだぁ〜(笑)

そうなんです!物事って突き詰めていくとアナログ…いえ、言い方が悪いかもしれません、原点に戻ることになっています。

これは、この件だけに関わらず、かなり多くのことが当てはまります。

覚えておいて損はないですよ!

要点は

・エクストラバージンオイル

・コールドプレス

ってところですね!

しっかりとした油を摂って、抗酸化活動していきましょう!

最後まで見ていただきありがとうございました( ◠‿◠ )

良かったら登録よろしくね♪

Add friend

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です