【炭水化物】を敵だと思わなくする方法!これさえ知ってれば強靭なメンタルになる!

どうも!

時短でスリムボディを作る専門家の吉田元気です♪

炭水化物を食べるとやっぱり眠くなりますね(^_^;)

おととい、炭水化物をがっつり食べたのですが、なんか言葉に表せない気だるさ、『動きたくないな〜』と思ってしまいますね。

あれは生産性を落としているような気がします。

体もそうですが、心の方もノらない感じです。

多分、これに共感してくれる方多いと思います。

ここで、1つ想起することがあります。

【炭水化物は敵だ!】

ダイエットが続いている方は、結構こう思ったりするのではないかと。

でも、この精神は精神衛生上あまり良くないです(^_^;)

気持ちは分かるんですけどね^ ^

この気持ちでいると、炭水化物を見た瞬間に『あっこいつは要らない、敵だ!』

みたいに否定的な気持ちが生まれます。

僕個人的な発想ですが、人生は楽しい時間をどれだけ増やすかだと思っているので、否定的な気持ちになる時間を少なくすることが至上命題です!

否定的な気持ちってその場で終わればいいんですが、尾を引くような感じで、後に残りやすいんですね(^_^;)

みなさんも、だれかと口喧嘩した後ってまあまあ長い間、イライラしたり、落ち込んだりしないですか?

脳は基本的にマイナスのことを考えることはプロです。

誰もが持ってる才能の一部です。

なので、一度スイッチを入れるともうスゴいです!

出るわ出るわの否定論。

そこから自己嫌悪・罪悪感ともう止まらないです。

慣性の法則ではないですが、流れに乗り続けてしまいます。

負のウェーブには乗りたくないですよね?

そこで、炭水化物を見たときに『敵だ!』と思わなくする理論を言いますね♪

①炭水化物は全く必要ないわけではありません。赤血球にはミトコンドリアがないので、糖分でしかエネルギー補給できない。

②人類の増加に間違いなく貢献している。食料が大量に作れるようになったので、飢餓や餓死が減っている

③単純に美味しい。美味しい感情が浮かんでるときは嬉しくなる

④一応エネルギーになっている

これらを上手いこと組み合わせていくと、

【今まで育ててくれてありがたいな〜でもあんまりに多く食べると体がついていかないから、ちょっと食べるの控えるね♪】

って感じになります。

これを心の中で思ってください( ◠‿◠ )

文は自分なりにいじくってもオッケーです!

こうすると、肯定的…プラスの気持ちでいられます!

些細なことですが、この些細を積み重ねて行くと、心も良い状態をキープしやすくなります。

心は、筋肉みたいに辛い運動をしないとつかないものでもないので、コツを覚えると楽です。

場所も問いません。1人ですぐに始められます。

ぜひ、やってみてください(*^▽^*)

最後まで見ていただきありがとうございました〜( ´ ▽ ` )

Add friend

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です