イライラすると筋肉が無くなる?その理由をお教えします。

どうも

史上最強の健康オタク
吉田元気です。

あなたは日々、筋肉をつけてカッコいい体に
なるために筋トレをしているでしょう。

えっ?してない!?

まあ、してない人もこれから筋トレを
やるなら、ぜひ抑えておきたいポイントに
なりますので、最後まで見て得はあっても
損はしないから聞いときなって内容です。

筋肉をつけるために筋トレをやることは
必須の行動です。

筋トレするだけでもある程度筋肉はつきます。

ですが、もっと効率よく、さらにハイレベルな
成果を得るためには知識が必要なんだ。

そして、今日は筋肉の守備的な要素を
お話をしていきます。

・筋肉はストレスによって分解される!?

筋肉はいつ見ても美しい。。。

そう思うのは僕だけでしょうか?

このページを見てるあなたも
きっとそう感じていると思います。

どうですか?

うっとりしたんではないでしょうか?

まあしますよね。

僕もこんな女性とお付き合いしたいですね😍

だから、女性の画像を2枚も貼っちゃいました(笑)

筋肉は素晴らしく、あなたに自信と機能性を向上させます。

これだけでも素晴らしいですよね。

これから筋肉をつけるあなたに大切なお話をします。

その大切な話とは…

【ストレスは筋肉を分解する】

です。

ストレスを抱えすぎると、脳が副腎に司令を送り、
コルチゾン(コルチゾール)という物質を分泌します。

多分みなさんもご存知だと思います。

このコルチゾールは筋肉にとって
厄介な作用があります。

なんと筋肉を分解して、糖質を作ってしまうんです!

これは糖新生と言って、
筋肉中のアラニンとグルタミン酸というアミノ酸を
引っ張り出してきて、糖質に変えようとします。

本来なら血糖値が下がった時に血糖値を上げるために
コルチゾールは分泌されます。

しかし、ストレスを抱えて、
あなたが頭を掻きむしるほど
イライラすると、コルチゾールが大量に出ます😢

そうすると、どんどん筋肉を分解して
糖質を作ってしまうんです😩

すると、当然筋肉量が落ちます。

これが進行すると、クッシング症候群が起こります。

クッシング症候群は、顔が丸くなり、
手足の筋肉がやせ細ってしまう症状です。

オーマイガー!

あなたはせっかく筋トレをしているのに
ストレスのせいで、全然筋肉が育たない。。

そんな状況にはなってほしくないです。

なので、ストレスを溜めないようにオススメの方法を紹介します。

・ストレスを溜めないようにするのは結構簡単だ

ストレスを溜めないようにする
最も簡単な方法は『深呼吸』です。

深呼吸ほど簡単にストレスを除去できる
行いです。

深呼吸は副交感神経を優位にできます。

副交感神経とは…健康に詳しいあなたなら
ご存知ですよね?

そうです!リラックス作用があるんです。

そして、もう一つオススメのストレス対策は
『自分を褒めること』です。

これは、非常にパワフルです。

何かとすぐに自分を褒めましょう。

これは筋トレだけでなく、あなたの人生に
おいて非常にパワフルな力を与えます。

褒めることのパワーは何万馬力にも匹敵します。

自動車王のヘンリーフォードも褒めて
自動車王の地位を築きました。

あなたも自分を褒めましょう。

そして、ビタミンCはストレスに強くなるために
必要な栄養です。

コルチゾールを出す時にビタミンCが使われます。

この時に、ビタミンCが足りないと、
ストレスに対処できなくなります。

そうすると、イライラして周りのものに
当たってしまったり、机を叩いて、
自分の手が痛くなるといったことが起きます😭

なので、ビタミンCは摂りたいですね。

余談ですが、コルチゾールが分泌されまくると
血糖値が高くなります。

血糖値が高くなるのは体にとって最悪です。

それは体内にAGEsができるからです。

AGEsは活性酸素を生みますし、
タンパク質とくっついて、使い物にならなくなります…

そうすると、体はどんどん弱くなります。

細胞の炎症も起こり、あらゆる病気の元にもなります。

こういったことからも、
ストレスを溜めるのは良くないですね😁

さあ、ストレスを吹き飛ばして、
あなたの筋肉がメキメキとつけましょう!

・まとめ

・筋肉はストレスホルモンのコルチゾールで分解する

・ストレス対策は『深呼吸・褒める・ビタミンC』

・コルチゾール過剰分泌はAGEsを発生させて
あらゆる病気の元にもなりうる

今日はこの辺で!

最後まで見ていただき
ありがとうございました( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です