風邪を引きたくなければ、この記事を読んでください…

こんにちは

史上最強の健康オタク
吉田元気です。

いきなり寒くなりましたね。。

寒いと、血管が収縮して、血流が悪くなるので
全体的に活動が低下しちゃいますよねぇ🙂

寒い時期は筋トレも気をつけないと
ケガをする元になります。

血管が収縮しているから、筋肉も
硬くなりやすくケガをしやすいです。

だから、体は常に温めましょう!

今日は風邪を引かなくするには
どうすれば良いかを簡単に書きます。

実は体を温めることも、大切な要素です。

なぜなら

【血流が良い=体に栄養が行き渡る】

だからです。

では、その栄養は何が必要なのか!?

それを明かしていきたいと思います。

これで風邪を引かなくなったら、、、

 

 

最高ですよね!

 

・まずは何よりタンパク質が必要だ!

「風邪を引かないための栄養は何が大切ですか?」

こう言われたら、僕はこう言います。

「間違いなくタンパク質だ!」

意外でしたか?

あなたもよく考えてください。。。。

タンパク質とは、体の全てを作る材料です。

『タンパク質』という名前は
大したことなさそうですが、
人間の体には最も大切なものです。
(水は除いてね)

タンパク質=プロテイン

プロテインの語源はプロテイオス

これは『最も重要なもの』という意味です。

風邪というのは、体がウイルスに負けた時に
起こる症状です。

体はウイルスと戦うために
『インターフェロン』
という物質を出します。

このインターフェロンちゃんは風邪を
やっつけるために戦ってくれるんです!

(猫ちゃん可愛いですね♪)

このインターフェロン

何で出来てると思います?

勘が鋭いあなたはもうお気づきかもしれません…

それはタンパク質です!

つまり!

タンパク質がなければ、風邪と戦う
インターフェロンは作れません😭

これは間接的に体が弱くなるのと
同じ意味ですね。

だ・か・ら!

タンパク質をちゃんと取ることは
とても大切なんです!

これがあるから、筋トレをしていない男性や
女性にもプロテインを飲んで欲しいと僕は
思っています。
(因みにプロテイン摂ると美容にも良いそうですよ♪)

美しさに常に追求している女性は
良いですよね( ◠‿◠ )

そんな女性には、ぜひプロテインをお勧めします。

これ以上を行くと話が脱線しそうなので、
話を元に戻しますね^^;

まとめると、風邪と戦うための戦闘員を
作るのはタンパク質だったんです。

(こいつらを作るのはタンパク質だったわけです)

これで風邪とはおさらばっ!!!

となれば話は早いのですが、もう少しだけ
お話にお付き合いしていただく必要があります。

なぜなら、風邪と戦うインターフェロンは
作れましたが、こいつを動かすための材料が
揃っていないからです。。

それを次は書いていきましょう。

・風邪と戦うインターフェロンを動かすのは
ビタミンCだ!

風邪と戦う戦闘員。

ショッカーは、風邪と戦ってくれます。

ウソです。風邪と戦うのはインターフェロンです。

ショッカーは仮面ライダーと戦っていましたね。

このインターフェロンを作るのはタンパク質。

「さあ、材料はできた。後は風邪ウイルスと戦うだけだ」

って意気込みたいのですが、材料を作っただけでは
風邪に負けてしまいます。

料理の材料だけ持ってきても、シェフがいなきゃ
料理が作られないのと同じです。

(この方に美味しい料理作って欲しいですね😀)

体内でインターフェロンという材料を
風邪と戦うように調理してするのは
ビタミンCです。

ビタミンCはインターフェロンを
働かせるための補酵素として働きます。

この役割がとても大切です。

だからビタミンはとってもとっても大切なんです。

とりわけビタミンCは体のこういった補助に回る役割が
とても多くて、その数は1000種類とも言われます😲

これって冷静に考えてめっちゃ働き者だよね。

ビタミンCのCってCenterって
意味なんじゃないかと勝手に思っています。

現代人のほとんどはビタミンCが不足しています。

体のいろいろな不調もビタミンCのせいかもしれません。

少なくとも風邪に関してはそう言っても
過言ではありませんね。

実際、ビタミンCを多く摂ったところ風邪を引かなく
なったとの声をちらほら聞きます。

風邪と戦う戦闘員インターフェロンを
働かせる役割を持っているので、
理にかなっていますよね。

こういった側面からビタミンCはとても大切です。

普段から積極的に摂っていくことをお勧めします。

余談ですが、
風邪を引きやすい人と引きにくい人の差は、

確率的親和性とカスケード理論で説明できます。

確率的親和性とは、

・Aさんはビタミン1グラムで体に作用する。

・Bさんはビタミン10グラムで体に作用する。

つまり、人によって体に作用するのに必要な
ビタミンの量が違うってことです。

風邪をひきやすい人は、インターフェロンを
作りにくいってことです。

だから、風邪を引きやすい。
(もしかしたらタンパク質不足かもしれませんが)

それと、カスケード理論は

『人によって、ビタミンが作用する順番が違う』

ってことです。

例:ビタミンC

1.肌のコラーゲンを作る

2.インターフェロンを作る

3.抗酸化作用

みたいに順番が人によって違うんです。

インターフェロンを作る優先順位が低ければ
風邪を引きやすいと言えるかもしれません。

余談になりましたが、覚えておいて損はないですね!

・まとめ

・風邪と戦う戦闘員インターフェロンを作るのはタンパク質

・そのインターフェロンを働かせるのはビタミンC

・人によってビタミンが作用する量や順番は違う。

・インターフェロン=ショッカー

以上がまとめです。

では、今日はこの辺で!

この知識が少しでもあなたを健康にしますように😊

最後まで見ていただき
ありがとうございました😙

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です