【なるほど】なぜケトジェンヌで下痢やお腹の調子が悪くなるのか?分かりやすく解説

2020年3月20日更新

どうも、

ケトジェニックダイエット
専門家の吉田元気です。

痩せるサプリと謳われてる
「ケトジェンヌ」ですが、
消費者庁から注意喚起されていますね。

ケトジェンヌでの健康被害を
調べたところ、下痢やお腹を下すと
いったことが挙げられていました。

せっかくの機会なので、MCTオイルで
下痢やお腹を下す理由を説明しますね😊

・MCTオイルで下痢になる理由とは!?

ケトジェンヌはMCTオイルが配合されてます。

なので、MCTオイルについて説明していきます。

まずMCTオイルとは何か?

MCTオイルとは、
Medium Chain Triglycerideの略称です。

「なにそれ…???」

と思った方も多いかもしれません。

これは日本語にすると
【中鎖脂肪酸】と言います。

「なんだそれぇ…」

となるかもしれませんね^^;

まあ、MCTオイルは普通の脂肪よりも
エネルギーになりやすいことだけ
覚えていればOKです( ◠‿◠ )

このMCTオイルは
ケトジェニックダイエットにおいて
非常に嬉しいアイテムです♪

なぜならエネルギー代謝が
普通の油よりも断然速いからです👍

一説だと普通の脂肪よりも
10倍速くエネルギーになると
言われています。

脂肪は、体内に取り込まれてから
エネルギーになるまで少し時間がかかります。

それは脂肪が代謝して
エネルギーになるためには
多くの場所を経由するからです。

普通の脂肪をエネルギーにするには

【リンパ管→鎖骨下静脈→全身】

という順番になります。

ですが、MCTオイルが
エネルギーになるための道のりは

【肝臓→全身】

です。

普通の脂肪よりも、道筋が1つ少ないんです!

なので、エネルギーになるのが速いんですね♪

また、一度脂肪が使われるようになると
身体が脂肪を使うことを覚えて、
身体が脂肪を上手く利用できる
ようになりやすいと言われてます。

脂肪がエネルギーになるということは、
身体の脂肪が使われることになります。

ケトジェニックでは、
糖質をほとんど摂りません。

だから、脂肪をエネルギーにします。

MCTオイルは身体が脂肪を上手に
使えるようにするサポートアイテムとして
非常に優秀と言えますねか( ◠‿◠ )

が、しかし、そんなMCTオイルにも
弱点があります。

それは、今回ケトジェンヌも注意喚起を
受けたように、下痢やお腹を下すことが
あるということです(ノД`)

下痢は腸内の水分が多くなると
起こります。

MCTオイルは消化が早いので
浸透圧性下痢になる可能性が
挙げられます。

この下痢は、消化の早いものが
体内に入ると起こることが多い
下痢です。

アミノ酸のEAAを一度に多く飲むと
下痢になることが多いと言われます。

MCTオイルも、消化が早いので
一度に大量に摂ると、EAAと
同じように下痢になる可能性が
あります。

なので、対策として一度で摂取する量を
少なくすると良いですね!

そうすると、腸内の水分量が
丁度よくなるので、下痢に
ならないかもしれません♪

では、お腹を下す理由は…?

それは次に書いていきますね!

・お腹を下してしまう意外な理由とは?

僕もMCTオイルを飲むと、たまに
お腹を下すのですが、これも
先ほど挙げた浸透圧性下痢によるもの
が1つの要因だと思います。

それと、お腹を下す要因として
挙げられるのが、タンパク質不足です。

体に入った脂肪をエネルギーに
するためには、代謝を行う必要が
あります。

その代謝を担う栄養は【酵素】です。

そして、その酵素を作っているものは…

【タンパク質】なんです!

つまり、タンパク質が不足していると…

代謝ができないために分解ができない
可能性があるんです(´Д` )

タンパク質が足りない方は
ぜひタンパク質を積極的に
摂りましょうね!

でも、タンパク質が足りない方は
一度に多くのタンパク質を摂ることを
オススメしません。

なぜなら、タンパク質が足りない人は
タンパク質を分解できない可能性が
あるからです。

だから、一度に多く摂っても
分解できずに排出されてしまう
可能性があるんですね。。。

なので、プロテインを少しずつ増やすとか、
お肉やお魚の食べる量を少し増やすなどで
少しずつタンパク質を摂る量を増やして
いくとベリーグッドかと思います( ◠‿◠ )

・まとめ

MCTオイルで下痢やお腹を下す理由として
挙げられるのは、

・浸透圧性下痢

・タンパク質不足

以上、簡単にまとめました。

また、新しく載せることがあったら、
追記しますね!

最後まで見ていただき
ありがとうございました。

Add friend

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です