ケトジェニックで人生の充実度を上げる

LDLコレステロールの数値が高いことは一切問題ない?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
健康を追求するうちにケトジェニックダイエットにたどり着く。 ボクシング現役時代にケトジェニックを知りたかったなぁ〜と 思いながら、日々ケトジェニックのことを考えて生きています。

 

2度とリバウンドしない
ケトジェニックダイエットコーチの
吉田元気です。

健康診断などで、
LDLが高いと診断されてる人も
いるかと思います。

LDL=悪玉コレステロール

こんな呼び名がついてるから
LDLが高いと、「ヤバイ」と
思ってしまうかもしれません。

ですが、健康診断で
LDLが高いからといって
身体に悪いかと言われると
そうとは限りません。

結論から言うと、
LDLが高いだけでは、
身体に悪いことは分からないです。

また、コレステロールと言うと
脂質、脂肪をイメージしますが、
実際は糖質からコレステロールが
作られます。

そして、この糖質から作られる
コレステロールが問題なんです。

LDLについて正しく理解して
抱えなくて良い不安から
脱却しましょう!

・コレステロールとは?

まずはコレステロールとはなんぞや?って
ところから始めていきましょう!

コレステロールとは、
脂質にタンパク質が
くっついたものです。

これをリポタンパク質と言います。

脂肪が材料になって作られます。

コレステロール の役割は

・副腎皮質ホルモンを作る

・男性、女性ホルモンを作る

・脂溶性ビタミンの吸収を助ける

・脳のシナプスの材料になる

・細胞膜の材料になる

・胆汁を作る

などたくさんの役割があります。

コレステロールは
あなたの身体にとって
大切な働きをしています。

ちなみに体内のコレステロールの25%は
脳にあると言われています。
(書籍 いつものパンがあなたを殺す参照)

「じゃあLDLがたくさんあることは
良いことなんじゃないか」

と思いますよね。

では次にLDLを説明しますね。

・LDLは悪玉ではない

LDL、LDL…

良く言われますが、何のことか
よく分からないですよね。

LDLとは

Low Density Lipoprotein

の略称です。

日本語だと、
『低比重リポタンパク質』です。

LDLは全身に
コレステロールを運ぶ
働きをしています。

一般的には悪玉コレステロールと
言われてますね。
(なぜ悪玉と言われてるか謎です)

善玉コレステロールと言われる
HDL(High Density Lipoprotein)は
血管内皮に蓄積したコレステロールを
回収する働きをしています。

LDLやHDL…

イマイチ名前の意味が
分からないと思います。

低比重リポタンパク質(LDL)は
タンパク質の割合が少なくて
脂質が多いということになります。

高比重リポタンパク質(HDL)は
タンパク質の割合が多くて
脂質が少ないということになります。

つまり、LDLの方が
コレステロールが多くて、
HDLの方がコレステロールが
少ないということになります。

だからLDLは全身にコレステロールを
運ぶ役割をしていて、HDLは
血管内皮のコレステロールを
回収する役割をしていると言えますね。

善玉・悪玉と言われてますが、
リポタンパク質に善悪は
ないです( ◠‿◠ )

「でも、LDLが高いと
動脈硬化や心疾患に
なるって言うじゃん!」

確かにそう言われますね。

それでは、次にLDLと症状について
説明していきましょう!

・LDLが高いと動脈硬化が起こるってホント?

良く言われるのが、LDLが高いと
動脈硬化になって、狭心症や心筋梗塞に
なることです。

LDLと動脈硬化の関係について
説明します。

動脈硬化のメカニズムを簡単に
説明します。

【動脈硬化のメカニズム】

LDLはコレステロールを運ぶ
飛脚のような存在ですが、
酸化されると、
変性リポタンパク質になります。

これを【酸化LDL】と言います。

この酸化LDLを白血球の
マクロファージが食べます。
(貪食作用)

マクロファージが酸化LDLを
食べると、泡沫細胞になります。

この泡沫細胞が血管内皮に
くっついて、血管を狭くします。

この一連の流れが何度も
繰り返されると、血管が
狭くなり、最終的には動脈硬化や
心筋梗塞などにもつながります。

血液を流す管が狭くなったら、
心臓に血が流れなくなりますよね(^^;

動脈硬化の簡単に説明すると
このような流れになります。

ここで振り返ってみると、
酸化LDLが悪いことが
分かりました。

LDLが動脈硬化に原因っていうのは
半分は当たっていて、半分は間違いです。

これについて詳しく説明していきますね!

・LDLにも種類がある?

「LDLが動脈硬化になる」

この表現は誤解を生みやすいです。

こう表現されると、完全にLDLが
悪者になります。

歴史の事実なども、このように
表現の違いで誤解されることが
ありますよね。

なので、LDLの誤解を
紐解いていきましょう。

LDL自体は動脈硬化を起こしません。

LDLが酸化することで出来る酸化LDLが
出来ると動脈硬化を起こします。

つまり、酸化の原因を取り除くことが
大切です。

酸化の原因を取り除くには

・野菜を食べる(抗酸化物質)

・ストレスを溜めすぎない

・砂糖や小麦などの精製糖質を控える

など、色々とあります。

LDLを酸化させなければ、
LDLは動脈硬化を起こす存在には
ならないのです。

LDLを下げるスタチン系の薬に
リピトール、リバロ、
クレストールなどがあります。

ですが、むやみやたらに
LDLを下げると、コレステロールを
運ぶ飛脚がいなくなるのと同じなので
身体にコレステロールが運べなくなります。

すると、様々な場所に影響を受けます。

先ほど体内コレステロールの25%は
脳にあると言いました

特に脳はコレステロールが
たくさん必要です。

そのコレステロールを運ぶLDLが
少なくなると、脳にも影響が出る可能性が
あります。

なので、LDL阻害薬を飲むのではなく、
酸化LDLを作る原因を無くしていくことが
健康になるための第一歩です。

先ほど、精製した糖質は控えた方が
良いと言いました。

この理由を説明しましょう。

・糖質が本当の悪玉コレステロールを作る!?

糖質制限、流行ってますよね。

糖質が太るということが
だいぶ認知されている証拠です。

ちなみに糖質は一応
必須の栄養素では
あります。

しかし、タンパク質があると
人間は肝臓で糖を作る機能があります。

これを「糖新生」と言います。

1日におよそ80gほどは作れると
言われています。

なので、全く糖質を摂らないという
選択はしなくても良いと思いますが、
1日200g以上摂ってる人は
食生活を見直すと良いかもしれません。

そして、この糖質ですが、
実は本当の悪玉コレステロールを
作ると言われています

実はLDLにも
大型と小型に分かれます。

ここで問題となるのが、
小型LDLです。

この小型LDLはアテロームを
作ると言われています。

アテローム性動脈硬化って
ありますよね?

あのアテロームです。

ちなみにアテロームとは
皮膚の下に袋が出来て、
皮膚から剥がれ落ちる
垢や皮脂が袋に溜まって
出来た腫瘍です。

そして、糖質を多く摂ると
この小型LDLを増やします。(※1)

なので、本当の悪玉コレステロールは
糖質が作っているということです。

ちなみに高脂肪食を
している人は小型LDLは
増加していないです。

ですが、こう書くと、

「油を摂っても大丈夫だ!
ひゃっほーい!」

となるかもしれません。

揚げ物やトランス脂肪酸
たっぷりのものを摂るのは
身体を酸化させる元になるので
控えてくださいね(^^;;

なので、本当に減らすべき食品は
精製された炭水化物及び糖質です。

もちろん、ゼロにする必要は
ありませんが、すでに太ってる人や
LDLが高いって人は食生活を
見直すことが大切だと思います。

また、糖質を過剰に摂ると、
糖とタンパク質がくっついた
AGEsという物質を作ります。

このAGEs自体も細胞を硬くして
健康によくありませんし、
AGEsを作る過程でメイラード反応が
起こります。

このメイラード反応中に活性酸素を
出すので、酸化の元になります。

こういった意味でも精製された
糖質というのは控えた方が良いです。

特にペットボトルジュースは
500mg1本あたり50gくらいの
糖質になります。

しかもジュースなので
ゴクゴク飲めてしまうし、
吸収も早いので、血糖値を
急激に上げます。

当然、AGEsもたくさん
作られるでしょうから
活性酸素も増えるはずです。

なので、ペットボトルジュースを
飲んでる人は、まずはジュースを
控えるところから始めてください。

本当の悪玉コレステロールを
作るのは実は糖質だったって
意外ですよね。

酸化LDL、小型LDLがどうしても
気になる人は検査すると比率が
分かるそうです。
(僕はやったことないです)

●酸化LDL検査
http://www.ningen-dock-tokai.jp/contents.php?eid=00026

酸化LDLは人間ドックの
生活習慣病Bセットで測れます。

●小型LDL

・銀座病院
https://www.ginzahospital.com/2018/10/12/1005/

・カラダテラス海老名
https://jma.gr.jp/karadaterrace/service/sdldl/

小型LDLはあなたの
住んでいるところで
測ってる場所を
探してみましょう!

・まとめ

・LDL自体は悪くない

・酸化LDL、小型LDLが身体に悪影響

・小型LDLを作るのは糖質

・酸化の原因を無くして、
精製された糖質を減らすと
LDLは悪さをしない

・スタチン系の薬はむやみに
飲まない方が良い

・脂質を増やしても悪玉LDLは
上昇しない
※ただし揚げ物や
トランス脂肪酸は控える

LDLはコレステロールを運ぶ
大切な脂質です。

「悪玉、悪玉」と言うのは
可哀想です(´Д` )

LDLを正しく理解して
健康になりましょう😊

※1 https://www.cambridge.org/core/journals/proceedings-of-the-nutrition-society/article/changes-in-fat-synthesis-influenced-by-dietary-macronutrient-content/E9A8638D4D4758E2F9EB946F9E173C8A

この記事を書いている人 - WRITER -
健康を追求するうちにケトジェニックダイエットにたどり着く。 ボクシング現役時代にケトジェニックを知りたかったなぁ〜と 思いながら、日々ケトジェニックのことを考えて生きています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 生涯健康ケトライフ , 2021 All Rights Reserved.